インターネット集客 の株式会社レゾンデートルです!

無料資料

弊社は、人柄と知見が自慢の
柔軟性が東京都でナンバーワンの会社! を目指しています!
あなたの「集客」「新規顧客獲得」「リピート率アップ」の悩みによりそい、
解決いたします!

中小企業こそ、インバウンドマーケティング( インターネット集客 )で、元気になりましょう!
「 インバウンドマーケティング 」というと、大げさ、むずかしい話にきこえるかもしれません。
「 集客の仕組み 」つくり、のことを、そうよんでいます。
実は、儲けている中小企業は、皆さん同じことをやっています!
集客を会社が仕組み化し、自動で問合せがはいるようになっています!
儲かっていない中小企業は、今すぐマネをすればよいと考えています。
弊社は、儲かる方法のマネのしかた、インターネット集客 の仕組みつくり、のお手伝いをしています。
儲けている中小企業の社長さんが何をやっているのか、知りたい方は、是非にお声がけください!

本サイトでは、

インターネット集客 の方法、新規顧客獲得の方法、売上アップの方法を、 【無料】で公開(集客の仕組みとは)、発信(ブログ・コラム)中です。

どうぞ、ご参照いただき、仕組みを構築してください!

レゾンデートルの仕事

当社は、中小企業が儲かる、売上アップをするための仕組み構築 ネット集客のお手伝いをしています。

インターネットマーケティング / インバウンドマーケティング をサポートする会社です。

出発点は、インターネット集客・ホームページ集客です。
まず、最適化されたホームページを構築し、訪問者の役にたつ有益な情報を掲載・発信します。SEO / LPO でお客様の訪問をお待ちします。

この段階で、コンバージョン(問合せ・見積り依頼・資料請求・商談)にいたれば最高です。

しかし、さらに重要なことは、商談・成約にならなかった方々を、見込み客として継続フォローし、顧客化することです。

インターネットマーケティングは、SEO=集客=コンバージョンで、はい、おしまい・・・ではありません。
FacebookをはじめとするSNS、BLOG、メール、ちらし、DM、カタログ、訪問など、あらゆるメディアをミックスして、継続(PDCAサイクル)して、大切につながってゆく「仕組みつくり」「システム化」をすることです。

これを、 インバウンドマーケティング といいます。

中小企業の経営者は、この 集客~見込み客リスト~継続サポート~顧客化 の仕組み を、一刻も早くつくらねばなりません。

そのために必要なコンサルティング・企画・マーケティング・デザイン・制作・開発をばらばらにお願いしていては間にあいません。ワンストップでお手伝いします。コスト面でも多大なメリットをご提供します。

インターネット集客をサポートするサービス

集客の仕組みメソッド付導入教材

今すぐに着手したい方へ。
「診断」と「改善」をするための導入教材をお届けします。
メソッドに従ってレポートを提示。
改善対応策を伝授します。
集客の仕組み導入コンサルティング契約

導入を決意している方へ。
ヒアリング・調査をしっかり実施します。
6ヶ月間実践しながら導入サポート。
全社個別PDCA、好評のコンサルティング契約。
集客の仕組み導入セミナー

まず、知識をしっかりと学びたい方へ。
対象は、経営者、幹部、改善チーム、全社員、ご要望にて。
基本から応用、事例、今後展望まで。
学んでいただける個別セミナーです。


TOPICS

  • イベント|日創研東京経営研究会 9月例会 2018年9月1日 - いよいよ私目、東京経営研究会・マーケティング実践委員会が主催する 日創研東京経営研究会 9月例会 がせまってきました。 「ネット集客」を成功させて熱狂的なファンをつくる! 私の友人でありライバルの 青山華子さん が講師で […]
  • お知らせ|夏季休暇 2018年8月2日 - 暑中お見舞い申し上げます! 株式会社レゾンデートルは、以下日程で夏季休暇をちょうだいします。 猛暑のなか、月並みですが、水分、塩分補給し、涼しい環境をしっかりつくってのりきりましょう。 宜しくお願い申し上げます。 ■夏季 […]
  • イベント|販売戦略検討会8月例会開催 2018年7月16日 - 幹事をつとめる、(財)日本マーケティング協会傘下の 販売戦略検討会 の8月例会を開催します。 今回のテーマは、 「 強いファンの発信力で女性の心をつかむ!   ~SNSを活用したアンバサダーマーケティング~ 」 です。 […]
  • イベント|日創研東京経営研究会 5月例会 2018年5月12日 - 夢が実現する本気のチーム作り|5月例会 開催します。 ・テーマ :夢が実現する本気のチーム作り ・講 師 :株式会社てっぺん 代表取締役 大嶋啓介氏 ・日 付:2018年5月18日(金) ・例 会 :18:00〜20:1 […]
  • イベント|東京ビジネス交流会(TBK会)5月例会 2018年5月12日 - 所属する、東京ビジネス交流会(TBK会)5月例会 開催します。 ■ 開催日時:平成30年5月17日(木曜日) 16時~20時 ■ 場 所:新宿エルタワー1階 会では、新入会員を募集しています。 交流し、親睦・信用をつくり […]

アーンドメディア登録で情報収集

Youtubeチャンネル

「登録」だけで動画でビジネス、マーケティングの基本情報、時事情報を無料で観れます、学べます!
Facebookページ

「いいね!」だけでIT/WEB/SEO最新情報とマーケティング事情を投稿中。
毎日1分効率よくキュレーション!
twitter @matsukawashoten

「フォロー」だけで成功事例を共有可能。
時事ネタもリツィート配信しているので空き時間で簡単にキュレーション!



インターネット集客の実情

日本の中小企業は、どこもかしこもHP(ホームページ)をもっています。

理由はなんでしょうか?

それは、黎明期において、ウェブ制作会社が、「これからはインターネットの時代です。今、つくるとビジネスが拡大します」「今、HPをつくらないと時代遅れになり、取り返しがつかなくなりますよ」と無責任で脅しにもにた言葉を呪文のように全国津々浦々でささやき続けたからです。

自社で制作する会社はまだしも、ろくにインターネットやウェブ制作のこと、マーケティングの知識ももたないが、金にハナがきき、トークがうまく、バイタリティだけはある、営業会社が被害に拍車をかけます。

甘い言葉で誘い、制作は下請け、外注に投げっぱなしでブルドーザーのようにつき進みます。

予算が少なければ素人のような元印刷屋さん、学生さんにまかせ、予算をかけられる会社にはDTPデザイナーをつけしっかりとした見た目の綺麗なサイトをつくりました。

素人のナンチャッテサイトも綺麗なサイトも結果は同じです。 所詮、ウェブの何たるかを知らない人間のつくったサイトなど一時の仇花で効果は長続きしません。

インターネット技術の進化にあわせ、新しい技術で作り直しましょう、FLASHムービーを入れましょう、携帯サイトを作りましょう、スマホに対応もさせましょう。

無意味なHP(ホームページ)制作の罠はつづいています。

制作の罠と並行して、第二段の罠がやってきました。

SEOとリスティング広告です。

まず、最初の残念は、制作会社が、次は制作だけではなく、SEOだ(SEOが儲かる)と無茶を承知で素人なのに提案し、つけ刃でSEOに挑んだことです。

次に、SEO屋はSEOを必死でやりません。

当り前ですが、ある検索キーワードで検索順位10位以内に入れる会社はMAX10社です(複数インデックスされる会社があれば、さらに減ります)。

1社で同じキーワード、例えば、「美肌」でクライアント3社抱えたら、3社とも10位以内にいれるのは至難の業です。

ですので、少しづつ上げてゆき、長くおつきあいするようにします。

あるいは、成果報酬の契約を多くのクライアントと締結し、適度な手間ひまをかけ、結果オーライで10位以内に入ればお金を発生させます。

必死にやりません。

Googleという巨大な企業相手に真面目にやっても勝てるわけがなく。
技術、知見もありません。

適当にやって、順位が上昇すればめっけもの、が実態です。
特定のクライアントのため頑張りました! といいますが、嘘です。
ラッキーと思っているだけで、どのクライアントがあがっても大丈夫なように自社のリスクヘッジはして虎視眈々、待っているのです。

リスティングは、業者にとっては宝の山です。

SEOは、10位以内は10社だけですが、リスティングは同一キーワードにおいてもローリングするので、何社おうけしても大丈夫です。

順繰りで予算に応じ、幾度か出現すればよいのです。
それがクリックされればチャリンとお金がおちるのです。

あるキーワードで成果がでました。
すると、次のキーワードを提案してきます。
さらに、次、いつしか大量のキーワードに予算を投下しています。
途中、コスト削減のためキーワード削減を試みます。しかし、どのキーワードを外すにも売り上げダウンが怖く外すに外せない。

広告業者は勉強家です。様々な有料サービスを考えだしています。

次は、分析レポート作成費用、マーケティングコンサルティング費用など、それっぽい名目で費用を発生させます。その対価はクライアントにとって有意義であるかのように話を組みたててきます。

分析の方法や分析結果から何を見いだし次につなげるかは教えません。
分析スキルがないこともありますが、もしあってもやりません。

レポートを作成することが対価の対象で、それ以上はオーバーワークだからです。

広告結果は彼らが勝手に決めた指標でかたられます。

「すごいですよ、反応率が1パーセント超えています!」
「ん、たったの1パーセント?」
「何言っているんですか! ウェブ広告では普通、0.0Xパーセント程度なので、驚異的です!」
「・・・まぁ、そういうもんなのか・・・」

嘘のような会話が日常茶飯事に行われてきました。
経験したことがある方もらっしゃるのではないでしょうか。

総じてうまくゆかせるようなことはしません。

契約が終わるからです。

生かさず殺さず、長くおつきあいをしようとします。

かなり冷たく、大げさに、書きました。

もちろん、このような業者ばかりではありません。

弊社の知己、仲間にもしっかりとしたプロが多くいます。
不肖、弊社も各分野で相応のスキルと経験をもっていると自負しています。

しかし、残念ながらこの程度のレベル、質の業者がかなりの割合で現存していることは厳然たる事実です。
今となれば、アルアル・・・と頷ける方も多くいることでしょう。

インターネット集客を学びましょう(ご提言)

しかし、悪いのは、頭のいい悪徳業者と、金にハナはきくが、不勉強で自らも時代に踊らされた業者と。
いずれも制作会社や広告会社だけでしょうか?

一番の問題は、外注任せで梯子を外されると、後には何も残っていない。
集客のトレーニングができず、せず、ノウハウがたまらない、という薄氷の上を歩いている、という事実が、隠されてしまうリスクを抱えながら気づかないことでした。
金の切れ目が、売上の切れ目、経営の切れ目になることだと考えています。

言い方をかえますと、真の罪は学びと努力の機会を潰し、放棄したことではないでしょうか。

つまり、リスクヘッジするには、実は、プロに頼らず、自身の血と汗で資産づくり・媒体づくりをするべきなのです。
広告屋、SEO屋に任せるにしても、最小限で、しかも、学び倒してノウハウをしっかり自社のものにすることが肝要です。

どうしても数字が必要なときだけ、広告費を増やすときは、利益が薄いことを把握し、広告に頼らないといけない自身を反省しながら、あくまで一過性であることを強く認識しておくことが大事です。

制作に関しても同じです。

何も、デザインをやりましょう、HTML、PHP、DB(データベース)を駆使して内製で構築しましょう。ネットワーク(サーバーと回線)を自身でメンテナンスしましょう。

などというつもりは毛頭ありません。

しかし、最低限の知識、知見をえて、技術の進化に耳目をそばだて、外注先が、プロといわれる人々が何をしているのか、されているのか解らない状況を”つくらない”ようにします。

仕様、要件の定義をしっかりと自身で行い、これを実現することをプロに任せる。主導権をしっかり握りながら、監視しながら行います。

最低でも実現したい、すべき目標とターゲットを定め、これを実現してくれるプロをしっかりと自身の目で探すように努力しましょう。

あくまで主役、主導権は、皆さん経営者なのです。

一時的にうまく行っても、その理由や再現性をもたずに実施していると遠からず、梯子を外され、孤立し倒産します。

その時、それまで仲の良かった、敬ってくれた、広告屋や制作屋は助けてくれません。謝ってもくれません。

もちろん、彼らが違法なことをやっているわけではありません。
ビジネスの契約にのっとり、“自分たちのため”に懸命に戦っているだけです。

自社の身を自身で守るためには、弛まぬ理論武装、学びの継続しかありません。

これは自社への戒めをこめた、わたしの信念です。

まずは、貴社のお悩み、ご期待をお訊かせください。
無料相談によるヒアリングの上、貴社への改善ご提案をさせていただきます。

インターネット集客 無償診断

◆↑ 画像をクリックして問合せフォームよりどうぞ
◆予約電話:03-5771-8212(貴社名か個人お名前ご伝言ください)
◆メール:contact@raison-dtr.jp(貴社URLご記入して送信)
24時間以内に折り返しご連絡させていただきます!

中小企業にとってのインバウンドマーケティング

中小企業にとってのインバウンドマーケティングと大手企業のそれはことなります。

本質は同じですが、より、中小企業の日常にそくした、わかりやすい、今すぐできること。

これが、インターネット集客・ホームページ集客を軸にした、レゾンデートルのご提供するインバウンドマーケティング「中小企業の経営者が今すぐはじめる仕組みつくり」です。

営業を疲弊・孤立させず、自動的な流れで、新規顧客を獲得することを実践します。

【ポイント】

1. 一言で「お客様」といっても、4種類あります。これを自覚します。「見込み客」「顧客」「リピーター」「ファン」です。
販売・営業において、重要なのは、「リピーター」「ファン」です。
マーケティングにおいては、最重要は、「見込み客」のリストです。

2.お客様にとって、有益な情報をお届けします。惜しみなくお届けします。ライバルに盗まれても気にしません。

必ず、お客様が、資料請求、お問合せなどのアクションをおこしてくださります。
これを、「ナーチャリング」といいます。

3.お客様のアクションがあるまで、「営業」はしません。

4.そもそも、この流れが、自動的にできることが、「マーケティング」です。この「仕組み」を構築します。



【ソリューション】

巷では、やれ、SEOだ、やれ、Facebookだ、次はLINEかInstagram、メールマガジンはもう古い、、、など耳にしませんか。

間違いです。

どれも正しく、どれも正しくありません。・・・??!

正しいのは、現状の問題とリソースを把握し、どのツール、ソリューションが最適なのか検討し、流れの、成功のシナリオをたてる。

もしうまく行かなくても、その問題点が発見でき、これを修正して、またトライする。

所謂、PDCA サイクルをまわして、よい方向にむかって進みます。



たとえ、成功まで時間がかかっても、その時点まで創生、発信したコンテンツは、すべて、プラスの資産として、その後、金をうむ宝になります。

逆に、某セミナーに参加して、その教えを頑張って実践した。成功した! としてもたまたまです。

本質をとらえていないと、何故うまくいったのかわからないため、再現性がなく、うまくゆかなくなったとき、あれ、おかしいな?! でジ・エンドです。

ソリューションありき、ではなく、ゴールにむかうシナリオをたて、これを成功させるソリューションを選択します。

本サイトでは、代表的で、有効な事例をもつソリューションを、中小企業がつかいこなすにはどうすれば良いのか、ご案内しています。

集客できるHP(ホームページ)とは

弊社の定義は、以下、公言させていただいています。

「 WEB(ウェブ)サイト・HP(ホームページ)は、Google / Yahoo! 検索で、10位以内に入っても、何もおこりません!
すごい WEBサイトを作っても、探してもらえなければ、やっぱり何もおこりません!
役にたつ WEBサイトを作り、それを探してもらうことを、同時に実現するのです!」

実は、一番重要なことは、三行目です。ですので、今一度申し上げます。

1.役にたつ WEBサイト・HP(ホームページ)を作り
2.それを探してもらうことを
3.同時に実現するのです!

これは、インバウンドマーケティングの初歩段階です。
これを実践したら、全てが変わる、というものではありません。

しかし、必須でやっておかないと、何もかわらない。
中小企業が潰れないために、最低限やらねばならないことです。

それでは、役にたつ WEB(ウェブ)サイト・HP(ホームページ)とは何でしょうか?

それは、“わたし”目線ではなく、“あなた”目線の情報、コンテンツを掲載、発信する場所です。

自社のHP(ホームページ)や、周辺のHP(ホームページ)を見回してください。ご覧ください。また、記憶の中を探ってください。

おそらく、そのほとんどは、ザ・HP すなわち、冊子の会社案内を、HTMLで表現して、インターネット経由でブラウザ越しに閲覧しているだけです。

ともすれば、そのまま印刷して冊子になります。
または、商品・サービスのカタログを、同じく、HTMLを使って掲載しています。

これらを、ポートフォリオとよびます。全否定するつもりはありません。

当該企業のことを知っていて、その商品・サービスの情報を得ることを、目的としている方々にとって役にたちます。

それは、既に、「営業」の段階に入っており、「集客」のための媒体ではありません。

これでは、初めて訪問した人にとっては、役にたたないHP(ホームページ)です。

何も事前情報のない、真っ白な状態ですから、まず、興味をひき、とどまってもらわないといけないと考えます。

このためには、“わたしは”の前に、このHP(ホームページ)は、この企業は、この商品・サービスは、“あなたが”どうなるのか? “あなたに”どんなメリットがあるのか? をきちんとお伝えするのです。

この役にたつHP(ホームページ)をつくる基本構成があります。

それは、

「結果」 「実証」 「信頼」 「安心」

です。

「結果」は、
先ほどからおつたえしている、訪問者=あなた、が、どうなるのか? 
できれば、どう幸せになるのか? 
どうかわれるのか? 
どんなメリットを享受できるのか?
を明示します。

「実証」は、
訪問者に、入手した、契約した、商品・サービスを使える、利用できる。
できれば、簡単に。
むずしくても、強力なサポートによって。
他の誰でもない、あなたが使えることを、明示します。

「信頼」は、
ようやく、情報の発信者、“わたし”は誰か? 何者か? と云うパートです。
これは、第三者からの評価、できれば、権威による評価です。
経歴、実績、マスコミ掲載履歴、権威者からの推薦、出版図書などを明示します。

「安心」は、
価格や負荷に見合う価値があるのか納得してもらうパートです。
これは、他に利用した人、先駆者、先人の評価です。
お客様の生の声、実績を明示します。
あるいは、サポート体制やFAQ(Q&A・よくあるご質問)など、あなたに寄りそう情報を明示します。

4つのパートをとおして、“わたしが”ではなく、あくまで、“あなたが”どうなるのか? 
と、その実証・裏付けの情報、コンテンツです。

これが、訪問者=見込み客 の候補者にとって、役に立つHP(ホームページ)です。

これ=HP(ホームページ)を、探しもらうためには、幾つかの方法があります。

もちろん、SEO は、必須で実施しないといけません。

その上で、自動で見込み客に“探して”もらうように仕組みをつくるのです。

広告費用を大きくかけられない中小企業であれば、ここまでをみこんで、WEB(ウェブ)サイト・HP(ホームページ)を構築するべきだと考えています。