インバウンドマーケティング とは

私たち中小企業のインバウンドマーケティングとは



●「集客仕組み」とは|中小企業にとってのインバウンドマーケティングとは何か?

【アウトライン】

インバウンドマーケティング (Inbound Marketing)。

まだまだ聞き慣れない言葉ですね。
インバウンドは手法と云うより、新しい「概念」です。

インターネット革命により、Blog/SNS をはじめとした、CGM(Consumer Generated Media)によって、一個人が情報を発信することが当り前になりました。

一見、便利な時代のようですが、人々は、情報過多・大洪水の時代になり、かえって正しい情報が何なのか? 
自身で判断を迫られるようになりました。企業からの一方的な広告はもはや信用なりません。
それよりも、信頼のおける情報筋や友人、知己の情報が重んじられる傾向にあります。

企業側・情報発信側からみた、インバウンドマーケティング(Inbound Marketing)とは、広告出稿などに頼るのではなく、情報の受信側である、興味のある顧客や消費者は自ら検索をしたりソーシャルメディアで聞いたりして調べてくれるということを信じて「見つけてもらう(Get Found)」ことを目的としたマーケティング施策です。

具体的には見込客に対して有益なコンテンツをネット上で提供し、検索結果およびソーシャルメディアなどで「見つけられ」やすくし、自社のサイトに来てもらいやすくしていくものです。

近年においては自社サイトを訪れてくれた人々を顧客化するまでの育成プロセスも含め、
「見つけられる」ことからはじまる一連のマーケティング活動を「インバウンドマーケティング」と呼んでいます。



【中小企業にとっての】

それでは、中小企業にとってのインバウンドマーケティングとは、どうとらえればいいでしょうか。

マーケティング初級者、中小企業の経営者の方々には、ともすれば、堅いですね、難しいですね。
本質は同じですが、より、中小企業の日常に則した、解りやすい、今すぐできること。

これが、レゾンデートルのご提供するインバウンドマーケティング「中小企業の経営者が今すぐ始める仕組みつくり」です。

平たくは、営業を疲弊・孤立させず、自動的な流れで、新規顧客を獲得することを実践します。



【ポイント】

1. 一言で「お客様」と云っても、4種類あります。これを自覚します。「見込み客」「顧客」「リピーター」「ファン」です。
販売・営業において、重要なのは、「リピーター」「ファン」です。
マーケティングにおいては、最重要は、「見込み客」のリストです。

2.お客様にとって、有益な情報をお届けします。惜しみなくお届けします。ライバルにパクられても気にしません。
お客様が、資料請求、お問合せなどのアクションをおこして下さいます。
これを、「ナーチャリング」といいます。

3.お客様のアクションがあるまで、「営業」はしません。

4.そもそも、この流れが、自動的にできることが、「マーケティング」です。この「仕組み」を構築します。



【ソリューション】

巷では、やれ、SEOだ、やれ、Facebookだ、次はLINEかInstagram、メールマガジンはもう古い、、、など耳にしませんか。

間違いです。

どれも正しく、どれも正しくありません。・・・??!

正しいのは、現状の問題とリソースを把握し、どのツール、ソリューションが最適なのか検討し、流れの、成功のシナリオをたてる。

もしうまく行かなくても、その問題点が発見でき、これを修正して、またトライする。

所謂、PDCA サイクルをまわして、良い方向に向かって進みます。

例え、成功まで時間がかかっても、その時点まで創生、発信したコンテンツは、全て、プラスの資産として、その後、金を生む宝になります。

逆に、個別セミナーに参加して、頑張って実践した。成功した! としてもたまたまです。

本質をとらえていないと、何故うまくいったのか解らないため、再現性がなく、うまく行かなくなったとき、あれ、おかしいな?! でジ・エンドです。

ソリューションありき、ではなく、ゴールにむかうシナリオをたて、これを成功させるソリューションを選択します。

代表的で、有効な事例をもつソリューションを、中小企業がつかいこなすにはどうすれば良いのか、ご案内しています。



・中小企業のFacebook の使い方
・中小企業のtwitter の使い方
・中小企業のLINE の使い方
・中小企業のYoutube 動画とは
・WordPressでHP制作のメリット
・中小企業のSEO(Googleツール)
・中小企業のメールマガジン
・CTA(Call To Action)とは
・中小企業のちらしの使い方
・中小企業のDM戦略